藍染筒描「唐獅子牡丹」

somehiro_karazishi
somehiro_karazishi somehiro_karazishi somehiro_karazishi somehiro_karazishi somehiro_karazishi somehiro_karazishi

藍染筒描「唐獅子牡丹」

(somehiro_karazishi)

藍染筒描「唐獅子牡丹」
百獣の王といわれる獅子。
邪気を祓うとして好まれ、 百花の花、牡丹と一緒に意匠化されました。

多くは能楽「石橋(しゃっきょう)」を題材とされ 天下泰平千秋万歳の祈りが力強く舞う獅子に込められていると いわれます。 「如師子身中蟲、自食師子肉」という言葉もあり 百獣の王、獅子にも己に潜む「獅子身中の虫」 仏教では「裏切り」の事らしいですが (自分は「弱気」と解釈しました) 内側からやられてしまう事がある、という。 これを戒める力が、牡丹の花からしたたる夜霧にあり 牡丹の中を踊る図になったとも言われるそうです。

江戸時代〜明治にかけて制作された筒描を元に、
構図や配色は染裕の解釈(現代的なアレンジ)を加え制作しました。

素材:綿/麻
サイズ:約90x152cm
2010年制作 (制作後数年経過しており、アクが抜けてキレイな色合いになっています)

こちらの商品は展示会等で販売する機会もあり、
リアルタイムで更新しておりませんので
在庫の正確なご返答は受注確認メールでご連絡致します、ご了承下さい。
天然藍(インド藍)/還元建藍染

商品に関するお問い合わせは下記よりお願い致します。


在庫状態 : 在庫有り
¥300,000(税込)
数量